亀泉霊園 リフォーム工事

亀泉霊園 リフォーム工事実例

施工前:昔に植えた木が伸びてお墓の囲障を痛めてしまってました。納骨室(カロート)の蓋になる石(拝石)もコンクリート製で隙間ができ雨や泥が納骨室に侵入してました。天馬にある化粧砂利もほとんど無くなってしまい下地の土が見えている状態。花立もネジの部分が経年劣化で壊れてしまいお花の交換が大変。kameizumi

image1 (3)

施工後:手入れのしづらかった植木は伐採し、綺麗な化粧砂利を入れて仕上げました。そして、拝石、線香香炉も新品の御影石に交換し不安定だった蓋石も安心に!交換しづらかった花立も石に花筒加工を施し、お花の持ちも良いステンレス花筒に交換。階段の割れた大谷石は沈んでしまい登るのも怖いものでしたが、土台をコンクリートに打ち直し御影石に交換、仕上げは、低かった囲障の上に御影石の囲障を乗せることにより周りのお墓と遜色しない墓所になりました!サービスで錆びていた鉄製の塔婆立ても屋外に強いステンレス製のお塔婆立てに交換しました。施工後、点検掃除をしているときに近所の方が『お墓のリフォームって、こんなに明るく綺麗になるんですね!』と良いお言葉もいただきました!ぜひ興味がありましたら、お気軽にお問合せください!


image2

image1 (4)