特許庁認定、最新 腰痛・膝痛・肩こり速攻解消法!「痛くない」「恐くない」安心療法で、辛い痛みとサヨナラしませんか?山形の痛み解消施術院「痛み回復センター」

 お墓のリフォーム工事で・・・残念な施工に遇いました。


腰石 先日、お墓リフォーム工事のお声かけをいただき施工してきました。施工依頼内容としては、外柵(お墓の廻りの石です)ズレと石碑のズレを直して欲しいとの内容でした。


 ご契約をいただいてからお施主様に「このお墓を作った石材店になぜ頼まなかったのですか?」とお尋ねしました。

お施主様は、「営業担当が辞めてしまったのと、施工の腕が気になる・・・」とのことでした。お墓の確認に行くと、群馬県内では1・2位を争う大手石材店のネームプレートが・・・。それと施工の雑さが明らかに目立ちました。同じ石材店を営む者としましては誠に残念な施工でした。石のズレがおかしかったので羽目石をはずしてみると、なんと!!肝心な腰石(基礎から立ち上げる土台の石、土留石)が通常の半分しかありませんでした!(通常は厚さ4~5寸:12~15cm)半分はセメントが入っていましたが御影石とは相性が悪いので数年しか経っていないのに隙間ができてズレていました。御影石同士の接続部分もボンドは無くコーキングのみで取り付けてあるだけでした。はっきり言って酷いです。これではお施主様もまた同じ石屋に頼もうとは絶対に思いません!当社に依頼していただけた理由がよくわかりました。今回は、見えないところに手抜き工事が施されていましたがお墓の工事は、見えないところが本当に大事なんです!安かろう悪かろうの時代は終わりました。安いから不安?高いから安心?このお墓は相場より若干高いものでしたが皆様はどう感じ、考えますか?

 ブログに掲載するか悩みましたがこんな石屋がなくなるように今回はお客様の注意喚起も兼ねて写真を合わせて掲載することにしました。お墓は、一度建てたら一生ものと言える施工、品質をすべての石屋がしているならこのようなリフォーム依頼は無かったでしょう。

 群馬県内だけでなく、埼玉、栃木、長野、東京などで多々お墓のリフォームをさせていただいておりますが、ここまでお施主様を欺く施工は珍しいです。大手だから、名前が有名と安心しないで施工中にも見に行ったり(抜き打ちがいいですよ)、見に行く時間が厳しい方は施工写真を細かく撮ってもらうとかしてください。石のわらくでは、どちらも当たり前にしております。施工写真は保証期間中保存してありますし、ご希望であれば施工写真をお渡しします。お墓が遠方の方でも安心していただけるように、施工中写真をメールにて添付し送付するサービスも始めました。

 上記写真のように誤魔化した施工が横行しないことを祈りまして、お墓のリフォーム工事の注意喚起ブログとしてアップします。


 実は、お墓のリフォーム工事として、今回のようなケースは珍しくありません。今回は、なんと建てたのが平成13年で直したのが今回で3回目!(ビックリです)前2回は当社ではなく、そこも大手といわれるぐらい有名な石材店さんでした。(安心の創業○○年という石屋さん)だそうです。約10年の間に3回も直すなんてとお施主様もがっかりしてました。震度3の地震でズレてしまったらしいです。

 私は、「今回で直すのは最後ですよ」と自信を持ってお施主様にお話しました。耐震施工には自信がありますし、実際に震度5程度の地震がきた時にも確認しましたがズレたり傾いたりなどは一切ありませんでした。耐震ボンドとコーキングボンドで仕上げます、余計な細工などは石を傷めるだけで意味がありません。実は、この方の石碑には「耐震芯棒」なるものが入ってました。しかし、震度3ぐらいでズレ傾きました。これが現実です。未だにセメント目地で施工している石材店がありますが、平成23年のお墓ですでに目地が涸れてしまい外柵がずれているのをたまに見かけます。

 

 【お墓を新しく建てる方、お墓を直したいと思っている方は、次のことに注意してくだい。】

①・・・石の接着剤は?(セラミックボンドとコーキング剤・モルタル目地?・それともコーキングだけ?)

A,御影石専用の耐震ボンドとコーキング仕上げがベストだと思います。当社は、+αで耐震金物(L型コーナー金具・平型金具・アンカーボルトなど)を使用し万全を期しております。長く石材店をしている社長がモルタルで大丈夫だよ(いやいや、結果的にズレてます)ボンドとコーキング剤を使用してくださいと頼んでしてくれないのなら別の会社へ依頼した方が良いと思います。

②・・・施工日を教えてもらい立会いができる?(着工日はなるべく立会いましょう)

A,施工中に見学に行きましょう。行けない場合は写真を撮ってもらいましょう。

③・・・施工見積りと施工内容の確認をしっかりしましょう。

A,営業マンと施工班の意思疎通ができていなかったりすると思ってもいない工事になりかねません。(大手もどこの石材店も下請けに出してても自社施工ですと言います、ご注意を)

④・・・他社との相見積りをとる・詳細内容が見積りに記載されているか?

A,有名だから、長く地元でやっているからだけで1社しか見積りを取らないのはあまりに危険です。悪徳な業者は、見積り欄で使用する石の石種を「高級白御影石」「高級黒御影石」などと正式な使用石種の名前を記載しない会社があります。これは、お客様を欺くやり方ですので絶対に信用できない会社です!そういう見積りが出てきた時点で断りましょう。当社では、石種、石の量を表す才数までしっかりと記載しお見積りを出します。


最低でも以上4つの項目はクリアしてから契約しましょう。


その他、わからないことや悩んでいることがありましたら、お気軽に当社『お墓のことなら『石のわらく』へご相談してください。現地調査・お見積り無料です

最後までご覧いただきありがとうございます。これからの石材業界がより良いものになりますように・・・



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree