特許庁認定、最新 腰痛・膝痛・肩こり速攻解消法!「痛くない」「恐くない」安心療法で、辛い痛みとサヨナラしませんか?山形の痛み解消施術院「痛み回復センター」

お彼岸のお墓参りに行ってきました!


お墓参り


 義兄家族と一緒にお彼岸のお墓参りに行ってきました。子供3人仲良く並んで曾じいちゃんにごあいさつ!


『お墓参りの仕方』としてご存知の方がほとんどだと思いますが、今更人には聞けない仏教徒の一般的なお墓参りの手順・用意するものを

豆知識として書いておきます。少し小言に近いかもしれませんが・・・参考になれば幸いです。


①・・・お墓を掃除する道具(バケツや水桶・ほうき・雑巾・たわし等)・お供え物(故人の生前の好物やお菓子・手料理などが良いでしょう)

※1 ご本尊様へのお供物(菩提寺のご住職様に『お供えお願いします』と伝えお渡しください・お花・お線香などを用意して持参する。


②・・・お墓参りは、一番始めにご本尊様を参拝します。

菩提寺が離れている場合は割愛される方がいらっしゃいますが、なるべく参拝されてからご先祖様のお墓参りをしましょう。

 そして、お線香に火をつける前に!まずはお墓の掃除をしてください。

(古いお花や供物などを片付けてきれいにしますが、※2 石塔など石材の部分にはあまり水をかけずにかたく絞った水拭きで汚れを落としてください)

水拭きで落ちない汚れは、かたくないタワシで汚れをこすって落としてください。天然の石は、水との相性が良くありませんから永年きれいなお墓を保つ秘訣としてこの掃除方法をおすすめします。そして古いお墓は、目地がセメントですでに接着されておらず石が取れている可能性が高いです。灯篭や囲いの石に手を着いたらグラグラして倒れてしまった!などの事例をよく聞きますので、お墓参りの掃除の際に確認しておき、その後でも石屋さんにご相談されるのが良いと思います。

※当社にご相談していただけたら幸いです!当社施工でなくとも、親身に対応させていただきます!


③・・・掃除が終わりましたら、お花・お供物を準備し、お線香に火を着けてお参りします。お参りの際に、故人に現在のご報告と日頃の感謝を伝えると良いでしょう。

お墓参りは、来た時よりも綺麗にが好ましいです。通路や水場など共有の場所や隣近所のお墓も気にかけてあげると喜ばれますし、気持ちがいいものです。


④・・・お供物は、霊園・墓地により違いはあると思いますがお参りが終わりましたら持って帰りご家族でいただきましょう。そのままにしておくと、カラスや動物がやってきて食い散らかしてしまい折角きれいにしたのにすぐに汚れてしまうのと、周りの墓地の方にもご迷惑をかけてしまうこともあります。



群馬のお墓のことなら『石のわらく』をよろしくお願いします。

電話:027-289-5176 Eメール:info@stone-waraku.jp

東京・埼玉・群馬・栃木・長野施工可能です。関東近県ご相談お見積り無料です。



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree